暗記が苦手だーと言いながら、好きなものはバッチリ覚えているじゃないですか。しかも一発で覚えてしまうような感覚ですよね。なぜ好きなことは簡単に暗記できるのかを理解するれば、あとは学校教科に当てはめればいいです。

今回の暗記術は、普通の人が、普通を超えるための技術です。秘伝の暗記術。

 注意
自制心が求められる、かなり高度な暗記術になります。
なんとしても成績を上げるといった「覚悟」がなければ完成しない暗記術です。
やる気のある方は実践しましょう。

好きなものは簡単に暗記できる理由

好きな物事はすぐに覚えます。例えばゲームの攻略(敵モンスターの情報)。あのボスは何ターン目に全体攻撃するから、前のターンでシールド貼っておこうとか。

そういう思考って数学的な思考なんですけどね。いざ数学となるとうまく解けないのは、覚えてないからです。あと好きなあの子の情報とかね。その子の微妙な変化に気づくのもその子をしっかり覚えているからです。

ハマっていることならば、一発で覚えてしまうような気もします。ですが本当は一発で覚えているわけではありません。

好きな物事の情報は、頭の中で自然に繰り返します。好きなあの子のことは自然に考えてしまいますよね。しかも妄想(想像)をするのでリアリティがあります。

現実感を伴うものは強烈にインプットされるのですが、好きなものはそれを何回も無意識に行うところにあります。無意識に何度も思い出す=復習するから、あっという間に覚えてしまう。

机がなくても勉強はできる

机でやるのが勉強だと思っていると、なかなか成績は伸びません。机での勉強って、書く速さなどの物理的時間に拘束されるので、実は効率が悪いです。机に座っている時間だけしか勉強できないのはもったいない。

頭の中で思い出したり考えたりすることはどこでもできるのです。好きなものでそれが出来ているのだから、教科にも応用ができるはずです。あなたが好きなことは机で暗記したものじゃないでしょう。

例えば僕は円周率は31ケタ覚えています。(無駄でしょう?笑)きっかけは電車の広告に書いてあったから。暗記した時間は電車の二駅分です。しかもそれ以降に円周率を見直すのは数回程度で、覚えてしまいました。

それができるのは、電車を降りた後も、ふと頭をよぎった時にも円周率を呟いていたからです。

学んだことを思い出す。これだけを日常で行うことで、机での勉強量はもっと軽くなりますよ。

一度学んだことを無意識上で“走らせる”自動暗記術。

「思い出す力」を新たに知った・学んだ“概要”を無意識に思い出せる能力と定義します。一言一句思い出すのではなく「今日はこんなことやったなー」という振り返りを自動でできるように訓練しましょう。

僕は人前で授業をするので、その日授業したことが勝手に思い出されます。イメージでバババーッとフラッシュされるので、思い出しは一瞬です。

思い出す順序は脳に任せます。すると断片情報がフラッシュされますので、断片と断片を埋め合わせるように思い出して記憶を補強する。足りない情報はテキストでカバー。

この方法なら、駅から自宅に帰る間で復習ができる。この思い出し作業が何回も日常生活の中で無意識的に行われるように慣らしておけば、ハッキリ言って無敵です。一度知っただけで覚えてしまう自動暗記術、習得です。

自動暗記術はレベルが高い。習慣化に時間必要。

今回伝えた内容はかなり高度で、教え子たちにも教えていません。頭の中・無意識のコントロールは難しく、強い自制心が求められるからです。

だいたいの子供にこの内容を伝えれば「机で勉強しなくていい」と都合の良いように自己解釈し、勉強放棄するだけして、脳内で思い出すことをしないでしょう。成績が上がらないリスクが高すぎます。

このブログを熱心に読んでいる方ならきっとできるのでやってみると良いでしょう。今までの机の勉強プラス、机以外での思い出し作業をしてみてください。

慣れると、脳が勝手にやってくれるようになりますよ。ただし、時間はかかるので、意識的に思い出し訓練をひたすら行いましょう。自動化できるまで数ヶ月かかると思います。

 

るいさんのFacebook(申請後メッセージを添えて頂ければ快く承認します。お気軽にどうぞ)
るいさんのTwitter(深夜ツイート多し)
家庭教師依頼

塾に行かせているのに成績が上がらない…と苦労していませんか?

学力・成績が上がる瞬間は「授業を受けている時間」ではありません。どれだけ質の高い授業を受けていても、それだけでは得点は上がりにくいのです。

子供の“できる”を確実に積み上げ、学力を確実丁寧に上げていく授業を行なっております。

オンライン家庭教師依頼を希望される方は以下の詳細ページから無料体験授業を申し込んでください。

おすすめの記事