事業家になるために必要な要素の1つに《人を導く力》が挙げられます。それは他力を扱う上でも、信頼関係を結ぶ上でも必要な力です。しかし、導いてるつもりが相手の事情に付き合ってるだけの都合良い人間になっているかもしれません。

今回は導き方について。

人を依存させるのではなく、自立させるための導き方のヒントを記しました。

相手の事情を解決したら幸せなのか

表面的な問題、つまり事情を解決しても、その人が幸せになるわけでありません。例えば、虫歯を治療しても、歯を磨かなかったらまた虫歯になっちゃいますよね。事情を解決させたところで、また違う事情を作り出し同じ理由で人に頼ってしまいます。こういう人は成長がないのでいつも同じ所で躓いてしまい、結果的に豊かになれません。長者になる秘訣は、周りに豊かになってもらうことですからね。

相手の事情に振り回されてしまうとこちらが疲れてしまいます。ですから、相手のもっと根本のところを見定めていくことです。虫歯の例で言うなら「きみ、歯磨いた後にアイス食べる習慣やめようか」と伝えましょう(信じられないと思いますが、遠い知り合いにいます笑)

相手の事情でなく、相手の在り方で導く

相手がどのような生き方を望んでいるのか、その流れを掴み取って導くことが大切です。

物事の結果は誰にも分からないもので、すべてがうまくことはありませんし、結果を100%コントロールできません。すべてをうまくいかせようとするのではなく、どのような生き方をしていきたいのかという「在り方」に重きを置きましょう。在り方は自由自在にコントロールすることは可能です。これで結果はコントロールできなくても、最善へと向かうことでしょう。

すぐには報われないが大きな価値がある

在り方発の導き方は表面的な事情を解決するわけではないので、すぐに報われるということは稀です。虫歯になれば治療しなければなりませんが、根本的には虫歯になってしまう習慣を改めさせなくては虫歯が再発してしまいます。正しい歯磨きの習慣を身につけさせることが肝要です。同じように、在り方で生きる習慣を身につけさせること。

在り方達成のサポートを、導く立場の人間・事業家を目指す方はしていきましょう。

その在り方とズレてしまっている言動をしているときには、その人にNOを突きつけることもあります。

自分を在り方でコントロールし、直面する問題を処していくこと。この力を養わせれば人間的に自立します。また、自立させた暁には絶大な信頼を得ることができます。こうした信頼は一生を貫くものになりやすいです。

自立した人間が互いに助け合う世界をつくりたいですね。

起業副業サイトで執筆してます。

ビジネス色の強い記事を別サイトで投稿しています。

今や複数の収入源を持っておくのが当たり前の時代です。しかし何から始めたらよいか分からないという方に、少しでもお役に立てたらと思い執筆させていただいております。時代のうねりを乗りこなし、いかに自在にいきるか。そのスタンスは変わっておりません。

よかったらこちらも覗いてみていただけると嬉しいです。

おすすめの記事