合格おめでとう。そして、進学ですね。進学おめでとう。

今年度はほぼ高校受験の生徒たちを見ていたこともあり、高校進学する生徒たちに向けて書いています。

さて、入学後当面の課題は勉学よりも、友達作りなんじゃないかなと思うわけです。とっとと勉強に力を入れて欲しいので、今回は最短コースで友達を作る方法を教えるから、これ読んで人脈を開拓してくれ!

仕込み1:Twitter等のSNSで、仲間を探せ!

最近の子たちは進学先をプロフィールに書いているので、それを見て積極的にリプライやDMを送ろう!この時期ではすでにライングループが出来ている場合がある。その場合はライングループに入れてもらおう。

上の世代はそれって大丈夫なの?危険では?と感じることですが、友達の作り方だって技術革新によってどんどん変わっていっていいのです。リスクがあっても現代においてネット通販を危ないという人は少数派でしょう。それと一緒です。

仕込み2:好きなものをどんどん発信しろ!

ライングループでは、ノートに自己紹介ページを作り、コメント欄に自己紹介を書いてもらおう。まだノートを作ってない場合は率先して作り、最初にコメントを残そう!そこで好きなアーティストや趣味等を書いていこう。必ず趣向が同じ人がいるから、その人をマークしておくこと。

ワンポイントアドバイス①プロフィール写真を工夫しよう

プロフィール写真を好きなアーティストにするなどしていれば、同志に気づいてもらいやすくなるぞ!

①入学初日は隣人に話しかけろ

まずは入学式に軽く隣人に話しかけよう。隣人から話しかけてくるのを待っていたら運ゲーだ。必ず学校生活を充実させるためにも、ここは自分から隣人に話しかけること。なに、隣のあいつも話しかけられたくて、うずうずしているのだ。その欲求を叶えさせてやろう。

また、ラインの自己紹介で目星をつけていた人にも話しかけて、放課後に遊びに行こう。

ワンポイントアドバイス②笑顔

笑顔めちゃくちゃ大事ですよ。

②心を開いたものが最後に大きな利益を得る

心を先に開くと、相手も開いてくれます。相手を知ろう知ろうとインタビュアーになったつもりで質問と良い反応を繰り返そう。すると、相手は絶大に信頼してくれる。これは体育の二人ひと組、遠足の班対策になる。

また、友達の輪ができるとそこから派生して、どんどん友達が増えていくことになる。気の合う友達はこの段階で探せばいい。のちに分裂することになりますが、友達の輪の中心になっておくと、自由に人間関係を選択できるぞ!人間関係の主導権は握っておけ。

③社交性の高い人を友達にしておくと友達を引き寄せやすい

自分で開拓しなくても、社交性が高い人と友達になっておけば、彼がどんどん新たな人脈を発掘して紹介してくれる可能性が高いです。

ワンポイントアドバイス③マイナーな共通点を探そう

例えば、日本で「同じ日本人」だね!といって仲良くなることはありませんが、インドで日本人にあったら仲良くなれそうと思うでしょう。「J-POPが好き」では仲良くなるには薄いですが「back numberが好き」だったらファン同士は仲良くなりますよね(最近の子はback number好きが多いのでたまに練習してます)。一気に仲良くなるにはマイナーな共通点を探しましょう。

④部活に入る

あとで辞めてもいいので、部活に入ろう!3年間通して交流を深めていくのは部活メンバーです。高校はクラスが多いので、クラス替えでは1年次のクラスメイトとはほぼ別れることになります。来年も知らない人に囲まれるリスクがありますが、部活で人脈を広げておけば、完全に孤立することはありません。

ワンポイントアドバイス④修学旅行が終わるまでは部活を続けよう

修学旅行が終わるまでは最低でも続けよう。理由は2年次にあるクラス替えと、修学旅行の班決めだ。気の知れた仲を作っておくことで、楽しい旅行になるだろう。

LINE@で繋がる

たまに毒づく!?ブログよりも喜劇的で過激的生々しさ。

るいさんが普段どんな動きをしているかが分かります。(ほとんど家にいるけど)

カラオケ会等のイベント情報やサービスの先行情報なども配信中。

もちろんあなたのメッセージにも応えます。

単純に友達になりたい方も気軽にメッセージしてもOK !

扱うテーマ:教育・占い・副業(複業)・雑記など

おすすめの記事