教育については親は子供以上に勉強すべきです。どのようなサービスが、子供への投資になり得るかを知っておかなければ、目先の安さに踊らされ、意味ないことにお金をつぎ込むことになります。

今回紹介するインターネット家庭教師Nettyは、他の教育サービスと比べ【自宅で】【プロや高学歴の先生に】【マンツーマン】【個別塾並みの安さで】授業を受けることができます。費用対効果がとても高いため、ご紹介させていただきます。

自宅にインターネット環境があるなら、まず無料体験授業を受けるべき。


そもそも夜に子供を出歩かせるのって心配

「我が子を夜に塾に通わせる・先生を自宅に招き入れる」というこの形態って当たり前すぎて、不便さも感じなかったかもしれませんが、よくよく考えてみると無いに越したことがないよなぁと思います。

子供は部活で疲れた身体を無理やり起こし、自転車に乗って塾へ。そして授業ではウトウト。。。よくあります。そして帰りは暗い夜道を出歩かせることになる。特に女の子は心配ですよね。僕が親なら夜は極力外出させたくありません。何かが起こってからでは遅いので。

それでは家庭教師を依頼して、自宅に招こうかと考えても、抵抗感のある家庭も多いのが実際です。休憩にはお茶・菓子を出したり、先生が家にいる間は気を使ったりして。第一その先生が信用できるか分からんし。先生も気を使っちゃったりして、お互いに慣れるのに1ヶ月くらいかかるわけです。マンツーマンなので成績は伸びやすい反面、費用が高い傾向にあります。

個別塾はお勧めできない

最近流行りの個別授業【先生1:生徒3】の授業は、正直あまりお勧め致しません。僕は個別で教えていた経験があるのですが、実際に子供に教えている時間は、その授業時間の三分の一以下です。ただの自習の補助じゃん。集中したいのに他人の関係ない授業も一緒に聞かされるのは苦痛です。しかも先生も固定ではありません。たしかに安いのですが、安さにはこうした理由があるのです。

ちなみに個別で使ってる使用テキスト。あれは賢くなるテキストでありません。勉強したことない人が、ちょっと勉強したらマシな点数になるくらいの難易度でしかありません。

それぞれ塾の形態にメリット・デメリットがありますが、もしインターネットを使って【自宅で】【プロや高学歴の先生に】【マンツーマン】【個別塾並みの安さで】教わることができるとしたら。これは使わない手はありません。

インターネット家庭教師という選択

私が親ならば【インターネット家庭教師】一択です。インターネット家庭教師Nettyには無料体験授業があるで試しに申し込みましょう。今述べてきた、それぞれの塾形態のデメリットを上手に消化しています。つまり安くて、安心で、マンツーマンの高品質の授業が、ネット家庭教師にはあります。

ちなみに僕も独自にインターネット家庭教師やってます。僕は大人数の生徒を抱えたくない、一人一人を確実に成績を上げたいので、値段は張ってますが。笑

僕の家庭教師は高くて受けられない方は、このインターネット家庭教師Nettyなら安価で受けられます。

今すぐ無料体験授業をお子さんに受けさせましょう。


インターネット家庭教師は今のところNetty一択。

インターネット家庭教師は近年どんどん需要を増しています。それぞれの事業体が、独自のシステムやSkypeなどのミーティングアプリを使って、ネット上でも、リアルで対面している授業と変わらないクオリティを保っています。これによって、地方の方でも、難関大学の先生から授業を受けることができるのです。

Nettyはスカイプなどの使いにくいアプリを使用せず、授業に特化した独自ソフトを採用しています。これにより、ネットに授業に関わる不便なことを解消しています。ほかのネット家庭教師系サービスは、Skypeなどのアプリに依存しており、授業するまでの手間、不便さも残ります。そのようなストレスがほぼ無くなっているのがNettyのサービスです。

費用は個別塾並みの安さ

1:3の個別塾の相場は一コマ約3000円です。月4回で12000円。Nettyの場合は、中学三年生で月4回14000円です。かなり安いですよね。

前述の通り、個別塾は1人の先生が3人を見るので、時間で考えると生徒1人あたり30分も授業できません。ということは個別塾はかなり割高だということが分かります。Nettyがいかにお得か理解できたと思います。場所のコストがないからこそ、この費用で授業を提供できる。

Nettyのホームページから料金案内に飛べるのでご確認ください。

難関大学出身の講師を選択できる

地方にありがちな「名前を書けば受かる」「正しい勉強法をしなくても受かる」大学出身の講師ではなく《確実に力になる勉強法》を伝授してくれる難関大学の先生を講師として選ぶことができます。これにより、遠方の方でも高品質の授業を受けられます。

たしかに教える技術と偏差値の高さは必ずしも比例するわけではありません。しかし、だからと言って学が低いからといって、教えるのが上手いというわけではありません。せっかく教えてもらうのであれば、最低限、有名大学の講師を選択しておきましょう。

もちろん、お子さんに合わない先生の場合もありますから、その時は変更をしてもらえばいいのです。

まとめ

質だけで考えれば、やはりリアルで対面する家庭教師の方が、空気感が直に伝わるし、有機的な繋がり、勉強以外の成長の要素はあると思います。費用が高くてもいい場合は、プロの家庭教師を雇いましょう。

そこまでお金をかけられないけれど、良質な教育を受けさせたいのであれば、このインターネット家庭教師Nettyを全力で推します。

僕が親ならば、まず体験授業に申し込みます。無料だし。学校のあらゆることが、成績が入試に関わってくるのですから、善は急げです。学年が変わってから〜とか、テストが終わってからなど、待っている時間がもったいないです。

1:3系の個別塾に行かせているご家庭は、費用はほぼ変わらないので、体験授業をお子さんに受けさせましょう。費用対効果が明らかに違います。あらゆる点でインターネット家庭教師が優れています。

こちらから無料体験授業を申し込みましょう。



LINE@で繋がる

実は!音楽活動をしております。

新曲の情報、イベント等のお知らせなどをしております。

「一人ひとりが運命を乗り越え、立派に生きていけるように」という願いでやっておりますので、活動の幅は音楽に限りません。

どうぞご声援よろしくお願い致します(*´▽`*)

おすすめの記事