知識と知恵の違い。

知恵と知識の違いを書きます。この二つを明確に分けることによって、賢さとはどんなものなのか定義しようと試みます。

まずは辞書でそれぞれの意味を調べてみる。

知識とは…

出典:デジタル大辞泉(https://dictionary.goo.ne.jp/jn/141664/meaning/m0u/
1 知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。「日々新しい―を得る」「―をひけらかす」「予備―」
2 考える働き。知恵。「―が発達する」
3 (多く「智識」と書く)仏語。
㋐仏法を説いて導く指導者。善知識。
㋑堂塔や仏像などの建立に金品を寄進すること。また、その人や金品。知識物。
㋒対象を外界に実在すると認める心の働き。
4 《knowledge/(ドイツ)Wissen》哲学で、確実な根拠に基づく認識。客観的認識。

あれ、知識は知恵であるとも言ってますね。ええーっ。

知恵についても調べてみよう。

知恵とは…

出典:デジタル大辞泉(https://dictionary.goo.ne.jp/jn/140960/meaning/m0u/知恵/
1 物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。「―を借りる」「生活の―」
2 (智慧)仏語。相対世界に向かう働きの智と、悟りを導く精神作用の慧。物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力。

知恵の意味には知識とは書いてないので

「知識は知恵であるが、知恵は知識であるとは限らない」といったところでしょうか。
(ぶどうは果物だが、果物はぶどうであるとは限らないってことね)

るいさんの解釈

知識とは「知っている内容」である。暗記というのは手持ちの道具を増やしておくということです。物事の対処方法自体をストックするのも知識です。具体的。

知恵とは「物事の法則を見つけだし、その法則に基づいてあらゆる情報を処理する力」である。抽象的。

教養番組で身につくのは知識です。しかし知識だけ増えても賢いとは言えますまい。例えるならば知識は「包丁やレシピ」、知恵が「料理すること全般」。包丁やレシピだけ集めていても、美味しい料理ができるとは限りません。おいしいハンバーグを作っても、食べる人がベジタリアンだったら食べてくれません。

食べる人の好み、食材の目利き、時間帯、旬のもの、など、様々な情報の中から、目的達成のために適切なものを選び統合する力が知恵です。

知恵は法則に基づいて判断するので、新しい知識を生み出すこともできる。

アイキャッチには知識vs知恵と対比させましたが、どちらが良いということではなく、これら二つは両輪です。どちらもあってこその賢さです。マインドも必要ですが、テクニックも必要。

道理や法則に基づいて集めた情報(知識)を処理・編集することが賢さ。

賢い人とは、「物事の法則を応用することによって目的達成の確率を高めることができる人」である。

 

るいさんのFacebook(申請後メッセージを添えて頂ければ快く承認します。お気軽にどうぞ)
るいさんのTwitter(深夜ツイート多し)