天頂星座(MC)で生き方・性格を分類する

人格が体系化されている点で、占星術は優れた人間分析ツールです。人間の複雑な心理模様が図として表せます。占星術の知識を入門レベルでも頭に入れておくと、人を少し観察しただけで、その人の性格分析ができるようになります。さらに極めていけば、声だけ、写真だけでも、人となりが掴めるようになります。

占い方面の仕事では、写真やタイムラインだけ見て、その人がどんな性格なのかを伝える、なんてこともしています。教育も人格分析も、人を見る仕事なので私の中ではやってることは一緒の感覚です。

人格パターンを知ることで、本人も無自覚な、その人が向かおうとしている目標が分かります。「あなたはこういう生き方を目指していますね」と伝えると、生き方に不安を感じていた人は、スッキリして、自分が納得できる生き方を追求するようになります。

今回の記事は触り程度に占星術の知識を用いて、生き方を12個のパターンに分類しています。

MCで生き方の姿勢が分かる

占星術用語で「MC」とは天頂を指します。そこにある星座によって、自分の生き方の姿勢(社会的な)がわかります。社会に見せる自分ですね。本来の自分ではないが、その自分を看板として社会の中に溶け込む。どんな自分で社会に溶け込もうとしているのかを知ることで、役割がはっきりしてきます。

本当の自分ではないので、たいてい違和感があったり「これでいいのだろうか」と悩む人がいますが、その感覚が普通です。100%素の自分で社会生活を送っている人はいません。どこかで折り合いをつけていますからね。天頂(MC)とはある意味、自分を殺して社会に適応させる自分の人格を指します。

MC星座は、朝TVで見る星占いの星座とは違います。ですが、この記事では、自分のMCの星座が分からなくても大丈夫です。生き方のパターンを一通り知って、なりたい生き方、今の自分の生き方を当てはめてみましょう。自分が一番しっくりくる生き方の姿勢を選んで、アレンジしていけば納得した生き方を構築できます。

もしMCを知りたい方は専門家に聞きましょう。出生時間が必ず必要になるので、母子手帳で調べるか、母親に聞いてみましょう。なお、私の占星術鑑定の依頼は、現在、友人か、友人の友人(つまり紹介)限定です。もし鑑定を希望される方がおりましたら、まずはどうにかして私に会ってください。笑

それではこれから解説を行います。解説は後半の星座になるほど長くなりますが、これは前の星座と比較をしているためです。比較することで理解が深まります。

12の生き方の姿勢概要

MC牡羊座

経験ではなく、直感を用いた挑戦的な生き方。行動派。「これでいいのだろうか」違和感を、挑戦心に変えて様々なことを試す。直感の蓄積が経験となり、直感の精度を上げる。人に教えるのは苦手。眠ることなく先駆者として動き回る。このタイプは成功か失敗かは気にせずに、前例をどんどん作る生き方をするとよい。成功は後に続く人がやるので、MC牡羊座は、本能の赴く方向、好きな方向へどんどん進んでいこう。無理をしやすいので注意。開拓者。

MC牡牛座

五感に優れ、身体感覚に頼った生き方。信じられるのは自分の感覚であり、納得感を求める。対人よりも対物に興味が向く。自分の才能・能力を使って社会生活を送ろうとする。このタイプは人より優れた能力を持つ傾向にあるが、逆に社会から縛られて生きることになる。高い能力を持つ人を、権力は活用したがるからだ。MC牡牛座はそれを良しと捉えるため、悪いことではない。自分の技を磨き、認めてくれるパトロンを探そう。飛び抜けた才能は誰も放っておくことはない。職人タイプ。

MC双子座

競争意識を芽生えさせ、自分を高めていく生き方。MC牡牛座は自分自身との比較だが、MC双子座は人との比較である。負けず嫌いで人を出し抜いたり裏切ったりもあるので、社会生活を安定させたいのであれば、上手にやること。集団の中に定義されるのを好まないので、慣習伝統を軽視する傾向がある。社会の中で、個人の可能性を広げることに興味がある。競争意識を上手に活用して、自分の力を拡大し、社会で生きていこう。道場破りタイプ。

MC蟹座

感情を向ける対象を積極的に求める、仲間思いの生き方。共同体思考。仕事仲間やそれに関わる者たちを家族のように捉える。絆を強め、仲間意識を使って社会で生きる。仲間思いで、敵対するものに対しては厳しい態度を取る。個人の自由を許さない一面もあるので、柔軟に人を受け入れていくことを意識しよう。普遍化衝動。我流ではなく、良いものをコピーしていくことで進化していく。真似したい人を探し、模倣していくと良い。同化していくことで、人の気持ちを理解し、仕事に活かしていく。教祖気質。

MC獅子座

充満された情感を解き放ち表現をし、人に影響を与える生き方。劇場型の生き方。人間の心理を理解することで、共感力を増していく。平凡さから脱却した演出を仕事で繰り広げるので、憧れに対象になりやすい。浮いた存在として社会に溶け込む。ただし、創造性が行き過ぎると理解されなくなる可能性がある。上手に浮いて、面白く生きることが大事。火の星座(牡羊・獅子・射手)は周囲から浮くことが役割。人と違うことをしていこう。役者タイプ。

MC乙女座

自己の完全に近づけようとする生き方。結果的に実務力を発揮させる。与えられた役割を全うしようとする姿勢。獅子座のようにはみ出すことをせず、ある一定の枠組みの中、実務の中で創造性を発揮しようとする。与えられた仕事を工夫して行う完璧主義者。現場は得意だが、大枠を掴むのが苦手なので、どのような基準に従うかで、生き方が変わってくる。スペックが高いからか、周りにも同じように完璧さを求めるので、しばしば批判的になりやすい。自分のできないことを自覚することによって、相手に対する寛容さを身につけると良い。縁の下の力持ち。

MC天秤座

多くの人間と関わり、人格を作ろうとする生き方。評価をし、評価される立場。他人との違いから自己を知る。人によって対応を変え、交友関係の和を広げながら生きようとする。同じ風属性の双子座は他人との競争意識が強く、個人主義が強い一方、天秤座は社会性を強め、他人と比較することで、人間の公約数的な考えを汲み取ろうとする。世渡りは上手になりやすい。交渉上手。相手によって立ち振る舞いが変わるため、若いうちは軸はぶれやすい。歳を経て、人に会わない選択肢を取ることがある。人と自分の違いをよく理解するため、自分の魅せ方がうまい。

MC蠍座

他者と一体化し、自己変容を遂げる生き方。天秤座が多数の人と同時並行的に付き合う性質に対して、蠍座は特定の人間と深く結びつこうとする。他者への過剰侵入。一歩踏み込むという表現があるが、蠍座の場合はゼロ距離まで踏み込もうとする。他者の影響を完全に受けきるまで、徹底的に関係を続ける。強烈な依存心。他者と融合するためには自分を壊す必要があるため、メンタルはよく破壊される。他人だけでなく、研究対象、企業、死者の意志、とあらゆる《他者》と融合する。情を強烈に惹きつけるため、そこからお金を得るのも得意。研究気質。

MC射手座

高い精神性を身につけた自由を目指す生き方。好戦的。より大きな思想、精神性で、集団に対して個人を優位に立たせ、自由のポジションを得ようとします。蠍座で融合していた相手を、射手座は突き放します。痛みを伴いますが、自由の代償として射手座はそれを引き受けます。視野が広がる一方、実務力は苦手な傾向。射手座と乙女座は衝突しやすい理由はこのことから。次元の高い思想をインストールするほど、現実を生きる力が置き去りになりやすいのでバランスを取ること。単純な性格だが、生活感が見えないため、他の火の星座と同様、浮いた存在になる。

MC山羊座

確実に成果を上げようとする、やや古風で伝統的な生き方。社会が成り立っているのは山羊座の持つ、統率力と管理力のおかげである。個人的な思いや動機を排除する力が強い。射手座の頭でっかちを否定し、現実を直視する。組織力を上げるためには、その場特有の空気(慣習・ルール・価値観)を作る。蟹座では情緒による横の繋がりを固めるが、山羊座は縦の繋がりである。古風な考えに基づく生き方になりやすいのは、現実に自分をチューニングした結果である。蟹座と同じように脱個性を目指すため、突出した能力を持たないように生きる傾向がある。その代わり、それぞれ特徴を持っている人間を活かし、特定の結果を出すことができる組織力を持つ。

MC水瓶座

普遍性、原理原則に基づく生き方。山羊座では結果を出すためにその土地・会社・国でしか通用しない価値観を作っていく(空間的)が、水瓶座ではその場所でしか通用しないような考え方を好まず、どこでも通用する価値観を採用する(時間的)。現社会に対しては懐疑的で反抗的な姿勢を取る。最大公約数的な普遍理論を自分に落とし込むので、山羊座よりも非個性的になるが、社会(山羊座)から水瓶座を見ると独自的で、オリジナリティを感じるだろう。射手座とも似ているが、射手座は情熱的で感情に訴える力があるのに対し、水瓶座は理知的でクールで、メンタルが強い傾向。地域を寄らない同じ意志を持つネットワークを作る。

MC魚座

全てを吸収する、奉仕的な生き方。水の属性の特徴である「一体化」と、山羊座水瓶座の時空性を切り離し、独立的であろうとする姿勢を合成した結果、どのような影響も受ける生き方となる。好き嫌い、こだわりがほとんどなくボランティア気質で社会を生きる。同じ水星座で魚座蠍座と比較すると、魚座は同色の結合、蠍座は異なる色の融合であるならば、魚座は雑多な色が混じり合うバケツの中の水である。優しく温和なスタイルで社会を生きるが、ネガティブな影響もストレートに受けるので気をつけよう。

おすすめ占星術入門書

もし占星術をこれから勉強していきたいという方には『しあわせ占星術』の購入を勧めています。絵や漫画を使って分かりやすく説明されています。いろんな入門書を読んできていますが、この本が一番も読みやすく、占星術の全体像を掴めて、挫折しにくいです。まずはこちらを3周ほど呼んで、概要を掴んでいきましょう。

 

 

るいさんのFacebook(申請後メッセージを添えて頂ければ快く承認します。お気軽にどうぞ)
るいさんのTwitter(深夜ツイート多し)